臨機応変には‥ムリだよね
9月から行われるYMCAの体操教室の申し込みに行ってきました。

その前に、タングリン・モールで雑貨をチラッと見てから郵便局へ。
シンガポールって郵便局の数、(あちこちにある日本の感覚だと)非常に少ないです。まぁ、その代わりSAMっていう24時間稼動の切手販売等々する機械はMRTの駅やショッピングセンター等で見かけますが‥ポストの色も全然目立たないし、なんか不便な気がするんですけど‥
何はともあれ、初・郵便局です。入るとグリーティングカード類やら文房具類を販売しているコーナーもありました。
窓口カウンターに行くと、その脇ではなぜか「簡易型消火器?」のようなものを売ってましたよ。そのポスターにはローソクを吹き消してる誕生日らしき男の子。どうやら「ローソクの炎が誤って引火しちゃっても、これがあれば大丈夫!」というような謳い文句。何でもアリなんですね、郵便局。笑っちゃいました。

その後、YMCAまでバスで行き、入会および申し込み手続き。
カウンターで申込み書類を書いていると「ママ~、まだぁ~はやくいこう~」とyou。
「今、youくんの体操教室申込んでるんだよ~、ちょっと待って」‥というやり取り数回。
無事申込みも終わり、「じゃあ、トイレでおしっこして帰ろうか」と言うと、ビミョ~な顔して「‥おしっこ‥もうでた‥」ひぇ~、じゃあ急いでトイレ行って着替えなきゃ!とエレベーターに乗ろうとすると、うぎゃぁ~っと、このところあまり聞いたこと無いスゴい泣き方。
どうやら、受付カウンターから見える中庭の滑り台で遊びたいのと、おしっこ漏らして気持ち悪いのと、ちょっと眠いのとで壊れちゃってるyou。
「す~べ~りぃ~だい~、あ~そ~ぶぅ~、うぇぇぇぇ~っ」と 爆泣。
本当は、滑り台等の遊具はクラスの時でないと使用禁止らしいんですが、あまりの泣きように、カウンターのスタッフ(マレー系女性)が「じゃぁ、1回だけ」と鍵を開けてくれました。スミマセン、おしっこで濡れたお尻で滑り台滑っちゃいました‥1回じゃすまないだろうなぁ~と思ったのですが、意外にも1回滑ったら満足したようでバイバイ。それからトイレで着替えをさせ、オーチャード経由で買い物して帰宅。

トイレ行きたかったんなら言ってよぉ~って感じですが、実は、先日も同じようなことが‥

日本のリロケーション会社から電話がかかってきて、「ママは大事な電話なんだからねっ」と念を押して話していると、突然、うわ~ん!電話を中断し、どしたの?と尋ねると、「うんち、でたぁ~」

いつも、電話に自分も出たくて出たくてうるさいから(youのトーンで横でしゃべられると全然相手の声が聞こえないし)、大事な用件の時は、「大事な電話だから大きい声出さずに静かにしといてね」と口を酸っぱくして言っているものだから、ウンチが出そうだったけど、言えないで我慢してたみたい。で、ついに我慢しきれず‥。
普段全然言うこと聞かないくせに、何でこんなことだけバカ正直に守るのよぉ~と思いながらも、「電話中は静かにしておく」というママとの約束を頑張って守ったってことで、まずは「エラかったね」と褒めてあげました。

子供って、変なところで真直ぐというか、融通利かないというか‥そうそう臨機応変にはいかないですよね。でも、その計算できないところが、子供らしさなんですよねぇ。
c0032044_1401857.jpg
でも、ウンチやおしっこの時は、ちゃんと言ってよねっ!
[PR]
by ray0102 | 2005-08-01 23:59 | こども
<< 初☆ハイティー@ローズヴェランダ ショ~~~ック!! >>