Garage @Ventures
ネットが繋がらなかったり、アップしたつもりの記事が消えちゃったりで
何かサンザンな私の最近のblogですが‥
イロイロ書く事は山積みなのに、全然追いついて行けませ~ん。

では、先週、8/23(火)のコトから‥

Garage@Venturesのトライアルに行ってきました。

何日も前から、「youくん、がれーじあどべんちゃー(ちゃんと言えてるところがニクイぞ)いくぉ~」「せんせ~と Kくんと あそぶぉ~」ととても楽しみにしていたので、ママとお別れで泣くのはまず無いだろうなぁ‥と楽観視。それよりも何よりも、「おしっこ」を先生にちゃんと言えるのかどうかがワタシ的にはとっても心配‥(前週の私の美容院の日以来、おしっこ、まさに「漏らしまくり」なので‥)

教室に着くと、また自らサンダルを脱ぎ捨て、中へ猛ダッシュ!!とりあえず、最大の懸案事項のトイレを最初に済ませておこうとオシッコをさせ、「またオシッコしたくなったら、先生に『トイレ』って言ってね。言える?」「いえる~」と答えるやいなや、さっそくお目当てのオモチャへ。
周りは、おそらくyouよりは1年小さい子が殆どのよう。白人の男の子が2人、それ以外は全員日本人。ここでも多いのね、日本人。

予想通り、何のためらいも無く「バイバ~イ!」。
先生も、「It's OK! See you later!」

シンガポールに来てから知り合ったお友達もどんどん幼稚園へ行き始めたりして、youにもよく「youくん、幼稚園行きたい?」
「youくん、ママといっしょに ようちえんで あそぶぉ~!」
「え~?幼稚園行く時はママとバイバイして、youくんはお友達と先生と遊ぶんだよ~」などと教えていたので、最近では、
「youくん、ようちえんいって、ママとばいばいして おともだちと せんせいと あそぶぉ~」と自ら言うようになりました。youの「親離れ」の心構えは、もうすっかり出来ちゃってるのかもしれません。(出来てないのは私だけ?)

オーチャードをぶらぶらして、先日youに壊されたので晴雨兼用傘を高島屋で買ったりして、意外とあっという間に2時間経過。

教室に迎えに行くと、同じくお迎えのママ&おばあちゃん達が。
ちょうどお別れの歌?を歌っているところでした。
歌が終わってドアが開くと、お迎えに来たママ達に向かって駆け寄ってくるお子ちゃま達。

しかーし、Kくんとyouは?   ‥まだ遊び継続中。
(お迎えのシステムがまだ分かってない?それとも私なんて眼中に無い?)

部屋の奥で向こうを向いて何か黙々と一生懸命やってます‥
「youくん、何してんの?」

振り向いたyou。
c0032044_321934.jpg
「youくん、かみ(髪)きってたの~」
キティちゃんのカチューシャをして、
ドレッサーセットの前でオシャレをしていたらしい(爆)
ありがちだわ‥


本人、とても楽しかったようで、「おもしろかった~、また きたい!」と言うので、
9月から週1で通うことにしました。

‥と書くと、すこぶる順調、何も問題なし!と思えるかもしれませんが‥

実は、お迎えに行った時点で、予想通り、おしっこ漏らしてました‥
遊びに夢中になってた&先生に言えなかったみたいです。
こちらもちょっと不安だったのでトレーニングパンツを履かせてたのでパンツとズボンがちょっと濡れたくらいでしたが。あーやっぱり「トイレ」って言えなかったのね~。

それからもう一つ言われたのは、「オモチャをお友達とshareできるように」ということ。今回も、遊んでいたおもちゃに手を出されて、取られまいと「だめぇ~」と泣きそうになってしまったとか。でも、これまでの人生、常にオモチャとか「取られまくり」(そして性格上「取り返す」ことがナカナカできない)だったので、取られまいと頑張ったんだと思いますが‥
まあ、今回は周りはyouより小さい子ばかりなので、「大きいのに意地悪して貸してあげられなかった」という風に思われてしまったのかもしれません。
親の私が擁護するのもなんですが、私が「『どうぞ』してあげたら?」と促すと、結構素直に貸してあげたりするんですけどねぇ。多分私がいない分、余計に「頑張ってオモチャを死守(笑)」してしまったのかもしれません。
帰り道、「お友達と一緒にオモチャで遊べない子はダメなんだよ。今度行った時は貸してあげられる?」と訊くと、「かしてあげられる‥」
‥でも、きっと実際は「だめぇ~(泣)」になっちゃうんだろうな。目に浮かぶよ。

ランチは近くのショッピングセンターのフードコートで。
c0032044_334760.jpg
食後にKくんにマッサージ?
c0032044_34266.jpg
また遊ぶぞ~!

[PR]
by ray0102 | 2005-08-29 23:59 | こども
<< SAFRA Toa Payoh sleepyさんと美味しいもの... >>