幼稚園見学@Japanese Kindergarten
友人と一緒に日本人幼稚園に見学に行ってきました。

11時にアポイントを入れていたので、10時半ごろに友人にタクシーでピックアップしてもらい幼稚園へ。思っていたよりも早く到着し、ガードのおじさんにアポイントの旨を告げると‥「そんな人いないよ?」ん?話が噛み合わない‥
そしておじさん「ここは日本人小学校だよ。」げげっ!違うじゃーん。
へぇ~3階建てなんだぁ‥とか意外に思っていたら、何だ、小学校じゃん。
運転手のオヤジ、「よく知ってる、大丈夫!」とか言って自信満々だったくせに~(怒)
仕方ないのでまたタクシーを捕まえ、今度は無事に日本人幼稚園到着‥

実は、今月22日(土)オープンデーが開催されるのですが、その日だと肝心の子供達はお休み。なので、実際の活動風景が見られるときに‥ということで、見学にきたのでした。

ひと通り園内の施設を案内してもらいがてら、日本人幼稚園といえば‥のお約束。
c0032044_355941.jpg
園内を走る汽車ポッポ
3人のためだけに走らせていただきました!
c0032044_363763.jpg
神妙な面持ちで乗車するyou(笑)
c0032044_2264159.jpg
それから遊具でも遊ばせてもらったり‥


ひと通り見て回り、説明を聞き、実際に園児たちの様子を見た感想は‥

園庭も広く遊具等も充実している。これはシンガでは特筆モノ。
給食も日本の感覚で「ちゃんとしたモノ」を食べられる。
(ちょうど給食の配膳風景&「いただきます」の歌が見られて、超カワイかった!)

ただ気になる点は‥
規模がとても大きい(準年少~年長まで全15クラスある!)。
園児の数に対する職員の数が他と比べると少ない
   (準年少‥1クラス最大20名教員1名アシスタント1名
    年少 ‥1クラス最大26名教員1名アシスタント1名
    年中・年長 ‥1クラス最大32名教員1名

それ相応に目を配っていただけるんだろうと思うんですが、一人の先生が見る子供の数が多いということは、やはり目の届かないところも出てくるのでは‥?特にうちの子のようなどちらかというと「やられキャラ」の子供を持つ親としてはイロイロと危惧してしまうところです‥先生の見ていないところで「やられて」しまうのでは‥とか。

いやぁ~早く幼稚園に入れれば楽になるわ~とか最初は思ってたんですが、実際ホントに入れるとなると、妙にイロイロ心配になってきちゃいますね。
まあ、きっとこんな心配も「杞憂」に終わることが多いんでしょうけど。


子供達は汽車ポッポに乗れて満足したようでした。
[PR]
by ray0102 | 2005-10-14 23:59 | こども
<< ディーパバリ@Little I... お家deネイル >>