ディーパバリ@Little India
シンガポールは多民族国家で、中華系マレー系インド系の人々で構成されています。そしてそれぞれの民族ごとにお祭り・イベントが行われます。

なので、当事者でない私たちにとっては、「シンガポールって年中なんかお祭りごとが目白押し♪」ってな感じで、ナカナカ興味深いです。

さて、「ディーパバリ」は、インド系住民のお正月だそうです。
ヒンドゥー暦に基づくため毎年その日にちは変わり、今年は11月1日(火)
伝説の主教クリシュナが悪神ナラカスラを討ち取り、 光が闇に、善が悪に勝利したことを祝うヒンドゥー教徒にとって最も重要な日。 ヒンズーの家庭では、光明・幸運・恩恵を招きいれようと、オイルランプに明かりを灯します。 カラフルな新しい衣装で寺院にお参りし、親戚や友達の家を訪ねるのが慣わし‥‥らしいです。

このディーパバリを祝うライトアップが始まっているリトルインディアに行ってきました。夜はバザールも開かれています。
c0032044_30732.jpg
ゾウをモチーフにしたイルミネーションが飾られています(先月の中秋節ランタンフェスティバルをちょっぴり髣髴とさせますが‥)。少々見づらいですが、写真の右下のバスは、バスNo.の横の、通常行き先を表示する電光表示にも「HAPPY DEEPAVALI」って表示して走ってましたよ。

そして、この日リトルインディアに来て私たちが食べたのは‥
カレーではなく‥なぜか「フレンチ」。
リトルインディアに安くて美味しいカジュアルスタイルのフレンチがあると聞いていたので‥(フレンチ大好き夫婦なのです。youが生まれてからというもの高級フレンチとは縁がありませんが‥)
c0032044_39469.jpg
こんな感じのオープンエアーな(=冷房ない)思ってた以上にカジュアルな(笑)店構え。
c0032044_3114199.jpg

私は3-course(スターター・メイン・デザート)で、
オットはアラカルトでオーダー。
(ちなみに、3-courseは
最もベーシックなチョイスだと13.8ドル~)

まず運ばれてきたカボチャのポタージュでバゲットをたらふく食べてしまったyou。

c0032044_3125528.jpg
私のマトウダイのソテーと
オットのラムチョップ
(これがとても美味しかった!)

そして、何を隠そう(?)デザートがなかなかの高ポイント!
(実はデザート、そんなに期待して無かったんだけど)

c0032044_3181647.jpg
美味しさに、
you先生の目もイッちゃってます(笑)
一心不乱にショコラケーキを食べるyou。
生チョコに近い食感でした。
オットが食べたティラミスも、
そこらのイタリアンよりもわたし的には好きでした。

‥でも、コーヒー・紅茶はイマイチ‥でした。残念。


c0032044_312569.jpg

家族3人、50ドルそこそこでかなりの満足度でした(お酒を飲まなかったしね)。
オットがかなり気に入ったようなので、
「リトルインディアでカジュアルフレンチ」も
オットの「定番コース」に加えられること間違いないでしょう。

[PR]
by ray0102 | 2005-10-15 23:59 | シンガの暮らし
<< イメージバトン 幼稚園見学@Japanese ... >>