帰宅してビックリ‥
春は異動のシーズンですよね。
シンガポールに来て10ヶ月、初めて帰国ラッシュのこの時季を迎えます。
仲良くしていただいた方々が何人もこの3月末で帰国されます。来星前からblogつながりでお世話になった方、子供たちが泣いたり笑ったり喧嘩したりしながら共に成長していくのを一緒に見守っていた友人たち‥もう両手でも足りませ~ん(涙)。期限付きでの駐在の宿命、出会いがあれば別れがあるのは当たり前なのですが、本当に寂しい気持ちになりますね。

で、先週あたりから、私も連日送別ランチです(あれ?)。送る側なんですけど。
美味しいものが食べられて幸せなのですが、ふと「もうこのメンバーでは来られないのか‥」と思うと寂しさもつのります‥

そんなある日、今日も送別ランチでシャングリラ・ホテルの「The Line」でビュッフェを楽しみ、大満足で帰宅し、マスターベッドルーム入り口のドアを開けると‥

眩しい‥眩しすぎる。
そして、ナゼにこんなに暑いの?

ふと窓に目をやってビックリ仰天。


カーテンがないっ!

落ちたのか?とよく見てみると、事もあろうにカーテンレールごと落下してるではありませんかっ!
c0032044_1858216.jpg

でも、このカーテンレール、結構頑丈なつくりで重さもあるんです。
誰かが下にいる時だったら‥と思うとゾッとしました。

c0032044_1902344.jpg
それに、よく見ると、こんな重いもの取り付けるのに、こんなビスをただ単に打ち込んでるだけなんです!
(金具つきのねじ穴みたいなものにねじ込みますよね、普通は‥)

取り付け工事の杜撰さに口あんぐりです‥

こんなんじゃ他の部屋のカーテンレールもいつ落ちてきてもおかしくない‥と思えてきて、youに「カーテンの近くに行くのは絶対禁止」と言い渡しました。
本人も、「カーテンレールが落ちたこと」には相当なショックを受けたみたいで、とりあえず近寄らないようにしています。

みなさまも、カーテンレールの落下にはお気をつけ下さいませ。

‥でも、カーテンの中で日向ぼっこしてあつーくなるのが大好きな我が家のまおさん、どうしよう‥
[PR]
by ray0102 | 2006-03-14 23:59 | シンガの暮らし
<< 初☆遠足 そして旅のメインは‥ >>