カーテンレールその後‥
以前、ベッドルームのカーテンがレールごと墜落した話、記事にしましたよね。

その顛末はというと‥

数日後、我がコンドを牛耳ってる(そのため築年数経っても家賃が全然下がらないとか‥)と悪名高きエージェントアラン(仮名)がやってきました。
「おれがこのコンドの物件は全部おさえてるぞぉ~」と言わんばかりにカードキーの束(積み重ねて7~8cmはあったぞ!)を携えて‥
久々にコテコテのシングリッシュを聞いたぞ。

で、カーテンレールはその場で修理してもらうことに。無事完了。めでたしめでたし‥
(どうやら分厚い遮光裏地のついたカーテンなので、重量オーバーだったらしい。修理のおじさん、カーテンつける時に「重い重い」を連発してたし‥
ってことは、また落ちる可能性あるってこと?いや、考えないようにしておこう‥)


そしてアラン、主寝室からでる際、廊下の天井にふと目をやり、「何だこれはっ?」

見ると、廊下天井にある照明のすぐ横の部分に丸~い大きなシミが‥
恐らく天井を通っているパイプから水漏れだろうとのこと。

翌日、アラン&修理業者がその箇所をもう一度チェックに。
すると、「これは天井に穴を開けて修理しなければダメ。オーナーに連絡する」と。

連絡後、10分ちょっとでオーナー夫妻登場。早っ!
このまま放っておいては大変なことになる。すぐに天井を壊して修理しないと‥と説明を受け、しぶしぶ承諾。

そして穴あけ開始。
てっきり天井もコンクリートなのかと思いきや、なんとフツーのノコギリでギコギコギコ‥
あっという間に天井は四角くくりぬかれました。
案の定、パイプに針の穴くらいの小さな破れが見つかり、そこからスプリンクラーのように少~しずつ水が出ているとのこと。
c0032044_0223270.jpg
どれどれと覗き込むオーナー。


その場で修理開始。今までの感覚で、「じゃ、修理は後日」とか言われるのかと思っていたのであまりに迅速に事が運ぶのに驚いちゃったり。

そうそう、この日はyouが熱があって幼稚園を休んでいたのでした。
お客さん好きのyou、熱があるくせに、オーナー夫妻が相手してくれることをいいことに、ずっと得意気に幼稚園で覚えたばかりの英語の歌を踊りつきで披露したり、お得意の地図Zooへの行き方を説明したり、MRTとバスについて語ったり(いや、もちろん日本語でだけど)‥と飛ばしまくっていました。

オーナー夫妻が帰宅後、程なくして修理も終了。
c0032044_0224577.jpg
天井の穴を塞いでいるところ。
この後ペンキを塗って完成~

なのですが、見てみると、
c0032044_0333352.jpg
あのぉ~ペンキの色が全然違うんですけど‥


とりあえず真っ白のペンキしか用意してなかったらしい。
日本じゃ考えられないよね。

廊下の天井なんてそうそう見るもんじゃないし、ま、いっか‥
気になるんったら、私たちが引越してから塗りなおしてちょーだい。オーナー様(笑)

それにしても、普段、廊下の天井なんて気にして見たこと無かったから(私だけ?)、カーテンレール落下事件(?)がなかったら、この天井のシミなんてずっと気付かなかった筈。そしたら天井中カビだらけになっていたか、あるいは天井が落ちてきたり‥なんてそれはそれは大変なことになっていたかも!‥と考えると、怪我の功名というか何というか‥
カーテンレールよ、落下してくれてありがとう‥(笑)

っていうか、アランのお手柄ってこと?
さすが我がコンドを手中におさめている(らしいと評判の)アラン、おぬしナカナカやるな‥
[PR]
by ray0102 | 2006-03-30 23:59 | シンガの暮らし
<< 書くことに目覚めた? 遅ればせながら‥ >>