<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
チャイナ小僧参上!
恭喜發財!新年快楽!
(いちおうまだ旧正月期間ですものね~)

今年は、張り切って初めてチャイナ服を買いました。(昨年、youが幼稚園へ通い始めたのは旧正月イベントが終ってからだったので‥)
c0032044_4534068.jpg
なかなかイケてるでしょ~?(親の欲目120%)
調子に乗って帽子まで買っちゃった(笑)


幼稚園では、チャイニーズニューイヤーのイベントが行われ、みんなチャイナ服やらそれぞれの民族衣装やらを着て登園。マンダリンクラスの子供たちの歌あり踊りあり(コスチュームも揃えて、End of Yearのコンサートより力入ってたかも‥笑)、先生方の出し物も華やかで楽しめました。
c0032044_5031.jpg
いろいろな国籍の先生による扇を使ったダンス。

そしてその後はお決まりの持ち寄りパーティー。
c0032044_510110.jpg
毎度の事ながら食べまくるyou。


チャイナ服って私達日本人にとってはある意味コスプレだったりしますが、中華系の人にとっては正装なんですよね~

‥ということで(?)、幼稚園のイベントだけでは飽き足らず、お正月2日目、行きつけの中華レストランにチャイナ服着せて食事に行っちゃいました(爆)。
従業員のおばちゃん達に大好評でしたよ(勝手な思い込み‥)

そしてその後、お正月で軒並みお店もクローズしガラガラのチャイナタウンでモデル撮影会決行(笑)。
c0032044_5185266.jpg
c0032044_519465.jpgc0032044_5191866.jpg
ショップハウスの
町並みを
我が物顔で
駆け回る
チャイナ小僧‥


もうホントにおバカな親ですみませ~ん。
[PR]
by ray0102 | 2007-02-18 23:59 | シンガの暮らし
年の瀬
ここシンガポールでは、太陽暦(いわゆる普通のカレンダー)上での年越しはホントにあっけないものです(元旦しか休みじゃないしね~)。が、旧暦での正月(チャイニーズニューイヤー)に関しては、街中がそりゃあたいへんな騒ぎです。

街中がの飾りで溢れかえり、チャイナタウンでは、年越しグッズを買い求める人々でごった返します。

新年を迎えるための必需品といえば‥
c0032044_2475947.jpg
紅包(アンパオ)袋
お年玉を入れるポチ袋のようなもの。

それから、
c0032044_2503453.jpg
正月飾り
売ってる店内は派手ハデ金ぴかですごいことに!

そして、
c0032044_2524423.jpg
ポークジャーキー
(このチャイナタウンの林志源は、年末の行列の名所として有名。
 「一人200kgまで」って制限があるらしい←友人情報。
 200kgってスゴイよね~)

c0032044_3211448.jpg
を寄植え?したり編んだりした飾り物。
ぐるんぐるんに捻じった竹も売られています。
c0032044_322842.jpg
中華ソーセージ
粽の中に入っていたりします。結構甘い味。

もっと寄ってみるとスゴイよ。
c0032044_3234483.jpg
ブ‥ブタ?(中央)
そして、アヒル?(右端)‥

ギャァ~~
これ、買う人いるのでしょうか‥
そして、買った人はホントに食べるのでしょうか‥
c0032044_3342252.jpg
この日は平日だったのですが、暗くなってからも人出は衰えず‥
年末のアメ横みたい‥
youと一緒だったので、人に押されてはグズグズ言うのをなだめ、
また、はぐれないようにとヒヤヒヤものでした。

ナゼにわざわざ人混みの中youと一緒に出掛けて行ったかというと‥
c0032044_3335185.jpg
これを買いたかったから!(笑)

[PR]
by ray0102 | 2007-02-15 23:59 | シンガの暮らし
バレンタイン・デー
14日はバレンタインデーでしたね~
日本では、デパ地下なんぞはスゴイ騒ぎになってたことでしょう‥

「バレンタインにチョコを贈る」というのは、日本では、某チョコレートメーカーの営業戦略によって始まったのは有名な話ですが、そもそも女性から男性へ」贈り物をするというのも、日本だけなんですってよ!

全世界的には、男性から女性へ愛を込めて贈り物をする日なのです!
もちろんここシンガポールでもそう。

‥ということで、
ワタクシも、年下のステキな男性から贈り物をいただきました。うふっ。


c0032044_35121.jpg
年下すぎてごめーん。
c0032044_35498.jpg
幼稚園で作った手作りクッキー!
I LOVE YOUって書いてあるぢゃぁありませんか~


でも、youからのクッキーも、結局3個を家族3人で1個ずつ食べちゃったし、you本人はバレンタインについて今ひとつわかってないもよう。
いちおう私も高島屋で、youには10個選んで袋詰めするチョコを、オットにはロイズの生チョコを買いました。
だから、バレンタイン=お菓子をたくさん食べられる日と思ってるに違いない‥

聞くところによると、日本では、幼稚園児もチョコを何個ももらって帰るらしいよ‥
ませてるよね~最近の女の子は‥(笑)
[PR]
by ray0102 | 2007-02-14 23:59 | シンガの暮らし
イルカに乗った少年
えぇっ?
ゾウだけかと思ったら、今度はイルカなの~?
(久々に記事を更新しようとしたら、編集画面がメチャクチャ変わってたので使ってみた‥)

‥というわけで‥

youイルカに乗る@プーケット
c0032044_3424933.jpg
ゴメンね、こんなイルカで‥
(でも、何だかビヨ~ンって飛んでるように見えませんか?)

プーケットでも、海はほとんど砂遊び(&ゾウ乗り?)専門、
水遊びはプール!なyouなのでした。

ホテルのプールには、
c0032044_4104268.jpg
こんなふうに砂浜があるプールや
c0032044_4112855.jpg
敷地内を水路のようにめぐらされている長~い長いプールが。
(でも、流れるプールじゃないので、
イルカに乗った少年は楽チンですが、お付きの者は かなりお疲れだった‥)
c0032044_4135465.jpg
うひょ~、楽チン。

でもね、最初からちゃんと乗れたわけではアリマセン。
最初はこんな‥
c0032044_332315.jpg
あのぉ~ なんか違う‥
カッコわりぃ~

[PR]
by ray0102 | 2007-02-07 23:59 | 旅行
ゾウに乗った少年 @プーケット
プーケットで何が一番嬉しかったかって‥

これです。
c0032044_043347.jpg
you、ゾウに乗るの巻。
イスなんかついてないの。直接よ、直接っ!


続きを読む‥
[PR]
by ray0102 | 2007-02-02 23:59 | 旅行
タイプーサム ( Thaipusam )
たまには up to dateな話題を‥(笑)

「タイプーサム」とは、ヒンズー教の暦で「タイ」の月(10ヶ月目)の満月の日に行われる奇祭です。
タイ   :ヒンドゥ暦の10ヵ月目、
プーサム:カニ座の幸福の星  

針や串を何本も身体に刺して練り歩くので現在インドでは禁止されてしまっており、マレーシア・シンガポールでのみ見ることが出来るお祭りだそうです。

参加する者は1カ月前からベジタリアンになり、女性の事も考えてはならない。そして数日前から断食をして身体を清め、当日は願い事を頭の中で唱えながら全身に108本もの矢、というか串のような針を刺していくのだそう。

今年は2月1日未明から行われました。
リトルインディアスリ・スリニバサ・ペルマル寺院を出発し、リバー・バレー・ロード近くのスリ・タンダユタパニ寺院が苦行の道のりの終点。

youのスイミングレッスンが終わって(19:00頃)から、買い物がてらちょっと行ってみました。もうすっかり終わってしまってるのかと思いながら歩いていくと、UEスクエア近辺は、リトルインディアと見紛うほどインド系の人・人・人‥

テントの中で人だかりと声がしているので、そちらに向かってみました。

すると、何人もの人々を伴ってちょうど到着した人が。
c0032044_084698.jpg
全身に串を刺し、カバディーという神輿を担いで。
c0032044_012593.jpg
唇にも両端に飾りの付いた串が刺さってるのわかりますか‥?
(痛くないのでしょうか‥)

そうこうしていると、次の信者が到着。c0032044_0151662.jpgc0032044_0152893.jpg
(左)
周りを取り囲んで、何か唱えながらどんどん串を抜いていきます。

(右)
青い服の男性が持っているのは、身体に刺してあった金串。
(長い‥)


一種のトランス状態なので、痛みは感じない‥と聞きますが、毎年数人は病院に担ぎ込まれたりするのだそうです。

宗教的なものは奥が深くてわかりませんが、また一つシンガポールならではの異文化体験でした。「奇祭」と聞いていたので、激しい熱気ムンムンな感じを想像していたのですが、それに反して、静かに淡々とした雰囲気が印象的でした。
c0032044_0215130.jpg
これ、おじさん担いでたんだね‥
(いつになく神妙な面持ちのyou)
c0032044_0221451.jpg
カバディーって本当に豪華絢爛で美しい‥


友人が、一昨年のタイプーサムの様子を詳細にHPに載せています。 →こちら

大丈夫なかたは、ぜひご覧になってみてください。
[PR]
by ray0102 | 2007-02-01 23:59 | シンガの暮らし